多くの薬

AGAの治療薬として世界中で認められているミノキシジル。
発毛を促進させる為に服用しますが、逆に服用した事で抜け毛が多くなってしまったという声も多いです。
これにはAGAの原因と人間の髪の毛が生えるメカニズム、そしてミノキシジルの効果が重なり合い発生する現象です。
AGA治療薬には副作用として初期脱毛があります。
初期なので必ず改善するのですが、正しい知識を備える事でもし抜け毛が増えた場合でも焦らず対処する事ができます。

ミノキシジルの作用効果

そもそもAGA治療薬として知られるミノキシジルにはどの様に改善に導く力があるのでしょうか。
お薬には必ず作用機序というものがあります。作用機序とは体内でどの様に働くのかというメカニズムの事です。
服用後にどの様な効果を現すのかのプロセスを知っておく事で、様々な問題に対処する事ができます。

ミノキシジルの作用機序は様々あり、確かな作用については不明な点もまだあります。
一般的には血管拡張作用によって血流を改善・増加させる事が作用機序と言われています。
そもそもミノキシジルは高血圧に用いられるお薬でした。
服用者から発毛が確認されて、偶然から研究が始められました。
服用する事で血管が拡張されますが、それは静脈にも動脈にも作用します。

全身で起こるので当然頭皮の毛細血管も拡張され、血流が改善・促進されます。
毛髪の栄養素は色々ありますが、その栄養素は全て血流によって運ばれます。
血液中に含まれる栄養素がより多く髪の毛を作る毛母細胞に送られることになるので、毛母細胞も活性化して発毛するというプロセスになります。
血管拡張作用以外にも、SUR2Bという受容体をミノキシジルが刺激するという事も報告されています。
SUR2Bという受容体が刺激されるとアデノシンという物質が生成されます。

このアデノシンは毛母細胞付近のアデノシン受容体を刺激してVEGFと呼ばれる成長因子の生成を促します。
この成長因子が発毛を促進させる効果があるので、この2つの作用がミノキシジルの作用機序と言われています。
まだまだ研究が進められている分野であり、ミノキシジル自体の効果も完全に判明したわけではありません。
今後も新たな効果が発見されていく事になりますが、発毛を促進させる事は臨床試験で確定しています。

ミノキシジルで初期脱毛になる人とならない人がいる?

副作用である初期脱毛ですが、そもそも何故この様な現象が起こるのかを知っておく事が必要です。
髪の毛は薬を服用する・しないに関わらず、最終的には抜け落ちます。
これは人体の生理現象と言えるもであり、ヘアサイクルと深く関係しています。

ヘアサイクルとは髪の毛が成長して抜け落ちていく周期のことを言います。
基本的に成長期・退行期・休止期の期間に分けられます。
成長期は2年~6年程で、新しい髪の毛が生えて成長する期間です。
退行期は毛根がどんどん小さくなっていき、成長が鈍くなっていく期間です。
最後の休止期は髪の毛の成長が止まっている期間であり、抜け落ちるのを待っている状態です。

この際、ヘアブラシで髪をとく行為や新たに生えてきた髪の毛に押し出されることで、自然に抜け落ちていきます。
ミノキシジルを服用する事で血管が拡張されて毛母細胞に栄養が行きやすくなります。
そして毛母細胞が活性化し、休止期から成長期への移行をスムーズにしてくれます。
成長期に移行すると新たな髪の毛が生えてくるので、休止期にある古い髪の毛をどんどん押し出していきます。
ミノキシジルを服用すると発生する初期脱毛にはこの様に薬の効果と、人体のヘアサイクルが関係しているのです。

では、ミノキシジルを服用すると全員がこの様に抜け毛が増えるのでしょうか。
答えは作用効果から理論上少なからず誰にでも発生すると言えます。
ただ髪の毛の成長や退行には個人差があり、もっと細分化すると髪の毛1本1本違います。
抜け毛は服用しなくても発生するので、ヘアサイクル的に多量に抜けずに気付かない場合や気にする程度ではない量である事も多いです。
誰もが初期脱毛時は多量に抜けるわけではないと言う事です。

ミノキシジルによる初期脱毛ではない場合もある

ミノキシジルの初期脱毛には個人差がありますが、基本的に3ヶ月以内に治まると言われています。
しかし初期脱毛がそれ以上に続く場合は注意が必要になってきます。その場合はかかりつけ医に相談しましょう。

ミノキシジルはAGA治療薬ですが、もちろんAGAでない方が服用した場合も効果はあると言われています。
薄毛でない方が服用すると改善効果は実感されず、副作用の方が目立つ形になります。
ミノキシジルは塗布薬にしろ服用薬にしろ、効果を頭皮だけに集中させることは不可能です。
髪の毛以外の毛も、基本的にヘアサイクルや発毛過程は一緒です。
その為全身の血流が改善して栄養がいきわたり、髪の毛以外の体毛が濃くなる事にもなります。
体毛が濃くなる以外に初期脱毛が続く場合はミノキシジルが身体に合っていない可能性や、AGAではない可能性が考えられます。

薄毛になる原因はAGAが多いですが、それは多いだけで他にも様々な原因があります。
頭皮環境が悪かったり、ストレスや生活習慣の乱れといった事も薄毛の原因になります。
それ以外では、ミノキシジルがもたらす副産物も考えられます。
ミノキシジルを服用すると上記の効果がありますが、頭皮のターンオーバーを促進して皮脂を分泌しやすくする効果もあるのです。
皮脂は頭皮を汚れや乾燥から防ぐ大切なものですが、多いと皮脂汚れとして毛穴を防ぎ、皮膚呼吸を妨げて抜け毛を促進させる事にも繋がります。

また医薬品なので体質によって育毛剤が合わなかったりする方もいます。
体質として副作用が出やすい方もいるので、使用する際には医師の判断も重要になります。
自己判断で中止したり開始する事は危険と言えます。
ミノキシジルは理論上必ず初期脱毛が発生しますが、中には初期脱毛ではない薄毛の進行も考えられるのです。

初期脱毛の対策方法

初期脱毛は起こるとしても、可能であるならば抑えたいものです。
抑える方法や発生した時の対処方法を知っておくと、どんな状況でも焦る事がありません。
初期脱毛がひどい場合は、服用しているミノキシジルの量が身体に合っていない場合があります。

有効成分の量が多い事で副作用が強く出ている場合があり、この場合は低用量から始める事である程度抑える事が可能です。
生理現象なので完全に抑える事は難しいですが、調整する事はある程度可能と言えます。
自身で行える対策方法としては、初期脱毛を考慮して発毛を促進させる様に食生活や生活リズムを改善する方法があります。
髪の毛の栄養は薬ではなく、結局は日常生活で食べている栄養素が毛母細胞に届く事になります。

また成長ホルモンも発毛には必要で、分泌されるのは睡眠時が多いのです。
この様に、服薬以外に髪の毛に良い生活を送る事も対策方法の1つです。
もしも初期脱毛により薄毛が目立つ様になった場合は、一時的に隠す事も検討すると良いでしょう。
いずれ元気な髪の毛が生えるので、その時までの一時凌ぎとして外出時は帽子を着用したり、外出を控える等の対策をとると良いでしょう。
それでも会社に勤めている場合等は脱ぐ必要があります。

ウィッグで簡単に隠せる

そういった悩みから考案されたのが女性が利用しているウィッグです。
女性用ウィッグはニーズや要望が高いので研究・開発が進んでいます。
帽子を被る様に簡単に装着する事ができます。
全てではなく部分的なウィッグもあり、状況に応じて使い分ける事ができます。
初期脱毛は必ず起こるので、初期脱毛を抑える事では足りない場合もあります。
その場合は男性には馴染みが薄いのですが、ウィッグを活用することでストレスなく発毛生活を送る事ができます。

記事一覧

プロペシアはAGA治療薬のひとつで、主成分によりAGAの原因となるDHTの生成を防ぐことで薄毛の進行...

カークランドの実際の効果は、頭頂部の薄毛改善率が高いことに比べ、生え際への効果は期待できません。 カ...

ロゲインはアメリカのファイザー社が販売する発毛剤です。 ロゲインには高い発毛効果が認められている、ミ...

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、どちらも血管拡張作用と毛乳頭細胞を刺激することにより発毛を促進...