• ホーム
  • ミノキシジルの副作用と注意すること

ミノキシジルの副作用と注意すること

髪に関して心配する男性

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、どちらも血管拡張作用と毛乳頭細胞を刺激することにより発毛を促進しますが、副作用にも違いがあるので添付文書をよく読み、確認のうえ使用することが大切です。
外用薬の副作用では、塗布した部分の頭皮の発疹や発赤・かゆみ・かぶれ・ふけ・浮腫みが報告されており、ほかにも可能性として頭痛や胸の痛みが考えられます。
外用薬では使用した部分に異常がみられることが多いのに比べ、内服薬の副作用は、動悸・めまい・不整脈・多毛・浮腫みなど全身に現れる可能性が高くなります。
もともと高血圧の薬として使用されているミノキシジルの内服薬は、服用後肝臓で吸収され血流により全身に作用するため、循環器系への副作用のリスクも大きくなります。
どちらの薬を使うにしても購入の際には薬剤師から指導を受け、副作用が出ないよう持病や治療中の疾患がある場合には医師に処方してもらわなければなりません。

また注意点として、初期脱毛現象が起こる場合があり、使用し初めに抜け毛が増えることです。
一時的なものであり初毛効果の表れとしての症状ですが、その期間には個人差があるため、あまり長期にわたると心配になってしまいます。
だいたい数週間から2ヶ月ほどと言われていてそれ以上になる場合には、一旦使用を中止して医師に相談することが必要です。
初期脱毛の症状で焦る人が多いようですが、古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出されて抜けるため、心配することはありません。
また初期脱毛を感じない場合でも心配はいりません。
ただし、まれに初期脱毛ではないことがあるので、心配な場合には医師に相談してください。

外用薬が市販されていることは知られていますが、購入する際には薬剤師からの指導が必要な薬です。
内服薬は、医師から処方してもらわなければ購入することができません。
強い薬であるため未成年の使用は、安全面を考え厳禁とされています。
高齢者や妊婦の使用もやめましょう。

ミノキシジルを使用する前に注意する点

ミノキシジルを含む外用薬を使用すると頭皮の発疹や発赤・かゆみ・かぶれ・ふけ・浮腫みなどの副作用が起きることがあります。
内服薬も動悸・めまい・不整脈・多毛・浮腫みや循環器系への副作用のリスクがあり、強い薬なので未成年や妊婦、高齢者の使用はやめた方が良いです。
また、使用前に注意しなければならないこともあります。

ミノキシジルを含む外用薬の場合、頭皮に塗布するので傷や疾患があると悪化させるリスクがあるため治るまで利用を避けましょう。
育毛剤にはミノキシジル以外にも様々な成分が含まれており、いずれかの影響でアレルギー症状が出ることもあるため、過去に薬や化粧品などでアレルギー症状が出ていた場合には医師にどのような状態になったのか説明して判断してもらった方が良いです。

内服薬を使用する場合には血液検査を行って肝臓の数値に異常が出ていないか確認します。
ミノキシジルだけで大きな負担がかかることはありませんが、服用前から異常な数値になっていればさらに負担がかかって肝機能障害に至ってしまうリスクがあります。
自覚症状が出たときには手遅れになっていることも多い臓器なので、服用前に確認することが大切です。

内服薬は元々は高血圧の治療薬なので、血圧に問題がある人も利用しない方が良いです。
この注意点として、低血圧の人だけでなく高血圧の人も医師の判断を仰がなければなりません。
高血圧が下がるのであれば問題ないように見えますが、元々治療薬を飲んでいる状態で追加で服用すれば下がり過ぎてしまうので異常が起きるリスクがあります。

女性の場合は妊婦でなくてもミノキシジルの内服薬は使わない方が良いです。
副作用の1つである多毛は全身で起きる症状なので女性には適していません。
効果が弱くても外用薬であればムダ毛のリスクを避けられます。

人気記事一覧