• ホーム
  • ミノキシジルを長期使用で耐性ができる?対策法は?

ミノキシジルを長期使用で耐性ができる?対策法は?

ミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬は長期的に服用をするものです。
これらの医薬品を長期的に使用した場合、耐性が出来る可能性があるとされています。
しかし、そのことを裏付けるような報告は一切なされていません。
そのため、耐性の有無についてはあやふやであるとは言えますが、ミノキシジルを使用し続けた結果、以前のような効果を得ることが出来なくなったように感じている人がいることも事実です。

もし、ミノキシジルの効果を得ることが出来なくなった、耐性が出来ているように感じているという場合には、いくつかの対策があります。
まず、最初に行うべきことは医師に相談をするということです。
医師に相談をすることで、現状を知ることが出来ます。ミノキシジルではなく他のことが原因である可能性もあります。
自己判断は最も危険な行為ですので、クリニックで治療方針について相談をすることをおすすめします。

次に、休薬をするという方法があります。
その期間は個人差がありますが数カ月から1年程度です。
休薬をすることで、体から薬の成分が抜けますので、再び使用を開始した時に効果を得ることが出来る可能性があります。
ただし、休薬をしている間に薄毛が進行してしまう可能性があるというデメリットはあります。
休薬をするか否かについても医師に相談をしましょう。

効果が薄れて来た場合、使用量を増やすと効果も増すのではないかと考える人もいるかもしれません。
しかし、一度に使用する量を増やしたからと言って、効果が増すという事はありません。逆に副作用のリスクが高まるだけです。
副作用には様々なものがありますが、最悪の場合には命を脅かす可能性も考えられます。
効果を得たいからと言って、無闇矢鱈に使用量を増やすということは行わないようにしましょう。
効果や体の異変など変化が見られた場合には、治療方法や使用量について医師に確認をすることが最も安全で確実なAGA治療であると言えるでしょう。

ミノキシジルによる耐性ができた際の対処方法

AGA対策でひとつの支障となり得る問題が耐性の存在です。
これはミノキシジル及びフィナステリドを使用している際に、効果が次第に薄れていくというものであり、薄毛を再度進行させる恐れがあると見られています。
確実に耐性が付いてると明らかになっているわけではないものの、効果が薄くなってきたと感じる患者も存在するのです。

長期的に続けた結果、耐性が付いていると感じられた場合、休薬することでリセットできる可能性があります。
しばらくの間、使用を控えることで耐性が消えてまた効果を発揮することもありますので、ミノキシジルなどの使用を休めてみるのも選択肢のひとつです。
ただしクリニックで治療を受けている場合は必ず担当の医師に相談を行った方が良いでしょう。
自己判断によって休薬をしてしまうと治療計画に支障をきたす恐れがあります。
それに、耐性によって効果が薄くなってきたわけではない可能性も考えられますので、その点も含めて医師に相談をした方が安心です。

基本的に、休薬に関してはできる限り行わない姿勢でいた方が良いとも言えます。
治療をストップさせてしまうとまた薄毛が進行する可能性があるからです。
AGAによる薄毛は進行速度がはやい一方、回復に関しては非常に長い時間が掛かることが多いです。
せっかく回復ができたにも関わらず止めてしまうと、かつての薄毛頭に戻ってしまう可能性が否定できません。

そもそも耐性の存在が懐疑的に見られているのも安易な中止に注意が必要な理由です。
髪の毛は生活習慣や季節の変わり目などでボリュームが減ったように感じられることもあります。
必ずしも耐性によるものではないこともあるため、効果が低くなったと感じられるその他の理由がないか調査することも大切です。