• ホーム
  • 女性のAGA(女性男性型脱毛症)の原因と改善方法

女性のAGA(女性男性型脱毛症)の原因と改善方法

男性ホルモンは血液中を流れていますが、毛根にある毛乳頭に入り込むと、酵素と結びついてDHTという物質に変化してしまいます。
このDHTが毛母細胞に入ってしまった場合、毛母細胞の細胞分裂がしっかり行われなくなってしまいます。
また、毛周期が乱れて成長期が短くなってしまうため、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまうのです。

AGAは男性ホルモンが原因で発生する症状です。
そのため女性には関係ないように感じられるかもしれませんが、実は女性でもこの症状になってしまうことがあります。
女性の体内にも男性ホルモンは存在しており、男性ホルモンやDHTが髪の毛に影響を与えるメカニズムは男性と同じです。

女性の体内に存在する女性ホルモンには髪の毛を育てるという働きがあります。
若い女性は特に女性ホルモンの働きが活発ですし、男性ホルモンの濃度が少ないので髪の毛への影響も少ないとされています。
また、女性ホルモンの働きで成長期が長くなるため、薄毛や抜け毛が起こっても進行は緩やかということです。

女性ホルモンがしっかり分泌されている場合、女性男性型脱毛症になってしまうことはほとんどないでしょう。
しかし、女性ホルモンというのは加齢とともに減少してしまいます。
35歳前後から分泌量が減少してしまうこともありますし、男性ホルモンの影響を受けやすくなるので髪の毛の悩みも増えてしまうのです。
また、加齢だけでなくストレスや過度のダイエット、乱れた食生活によって女性ホルモンが減少してしまうこともあります。

男性のAGAは育毛剤や薬などで治療を行うことが一般的です。
酵素の働きを抑えることでDHTの生成を抑えることができるのです。
しかし、女性の場合は服用するタイプの育毛剤を使うことができませんし、生活習慣の改善によってAGAを治療していくことがポイントです。

女性のAGAは主に女性ホルモンの減少によって引き起こされる症状であり、改善するためにはホルモンバランスを整えることが重要です。
ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れやすくなりますし、血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。
さらに薄毛が進行してしまうこともありますので、規則正しい生活を心がけましょう。

女性によるFAGAの改善方法4つ紹介

女性男性型脱毛症は主な原因である女性ホルモンの減少を食い止める事で改善が期待できます。
改善方法としては自身で心がける事とクリニックでの治療があります。
女性のAGA対策として治療方法を4つ紹介します。

大豆製品を意識して摂取する
大豆に含まれるイソフラボンは化学構造や働きが女性ホルモンに非常に似ています。女性ホルモンの働きを助ける効果が期待でき、女性に嬉しい栄養素も多く含んでおり、低カロリーなので食べて損はありません。
規則正しい生活を送る
ホルモンバランスが乱れる要因には生活習慣の乱れも大きく影響しています。ストレスをなるべく抱えず、早寝早起きをして三食しっかり摂る事で、ホルモン分泌も安定して薄毛治療にも健康にもよい影響があります。
身体の冷えを防止して温める
冷えは女性ホルモンの大敵で、何より血流が悪くなると髪の毛に必要な栄養が毛根に行きわたり難くなります。食生活を見直す面では生野菜ばかりでなく温野菜や根菜、そして身体を温める代表的な生姜を意識して摂取します。冷たい飲み物や食べ物は避ける様にして、体温の低下を防ぎます。また運動を適度に行う事で血行促進されて栄養が身体の隅々に届きやすくなります。
クリニックや専門機関への受診
先ほどの生活習慣の見直しを含めて、専門医から生活上の指導や症状に合わせた育毛剤・治療法を提案してもらえます。現在では様々な情報誌やネットでもAGAの改善策は掲載されていますが、確実に治療・改善したい方はやはり医療機関への受診が推奨されます。無料カウンセリングを実施している所も多くなっているので、気になる場合は一度試しに受けてみると良いでしょう。